起業支援トップ | 成功の可能性が高い起業法 | 起業支援プログラム | 誰でもコンサルタント-起業編 | 当社について

起業支援

成功の可能性が高い起業法

起業支援プログラムのご案内

誰でもコンサルタント-起業編

当社について

企業概要

企業理念

当社へのアクセス

当社へのお問い合わせ

個人情報について

個人情報保護方針

個人情報の取り扱いについて

成功の可能性が高い起業法

 成功の可能性が高い起業法 - ナレッジ起業とは

成功の可能性が」高い起業法として、当社が提唱するのがナレッジ起業です。ナレッジ起業とは、分野を問わず自分自身が保有しているナレッジ(知識・ノウハウ)をもとに、下記のようなコンサルタントや情報プロバイダー(情報サービス業)として起業することを言います。

コンサルタント いわゆる経営コンサルタントに限定するものではありません。分野や手法を問わず、専門知識を活用して顧客の問題解決を支援することを意味します
情報プロバイダー 情報プロバイダとは、顧客の問題解決のために必要な情報を提供するビジネスをいいます。コンサルタントが問題解決を支援することでお金貰うのに対し、情報プロバイダは情報を提供することで料金をいただきます。



 ナレッジ起業が成功可能性が高い理由

ナレッジ起業が成功の可能性が高い理由は以下のとおりです。

・ 低リスクである
・ ビジネスの持続性と成長性が確保できる



 なぜ、低リスクなのか

①社会人としての経験があれば誰にでもできる

ナレッジ起業に唯一欠かせないものはナレッジです。社会人として仕事をした経験があれば何らかのナレッジを持っているので、社会人経験さえあれば誰にでもナレッジ起業は可能です。ただ、そうは言っても多くの人は自分のナレッジなんか大したことはない、ましてやコンサルタントなんて無理と思うでしょう。でも、それは自分のナレッジを自分の尺度で評価しているからに過ぎません。実はそのナレッジには大きな価値があるかもしれないのです。

例えば、書店で売られているマニュアル本やノウハウ本を読んで、「こんなこと誰でも知っているんじゃないの?」と思ったことはありませんか?あるいは、転職をして前の会社ではあたりまえにやっていたことが、新しい会社では重宝がられたなんて経験はありませんか?このように、自分では価値が無いと思っているナレッジでも、それを必要としている市場はどこかにあるものなのです。

また、もしナレッジが不十分と感じていても問題ありません。たとえナレッジが不十分であってもコンサルタント名乗り、世間に対して専門情報を発信し続けてください。それによってナレッジは加速度的に増えていくのです。


②開業資金が小額ですむ

ナレッジ起業は、準備から起業後7~8ヶ月までの活動はすべてインターネット上で行います。その期間に必要な設備はパソコン、MSオフィス、ブロードバンド接続、HP作成ソフトです。その他必要な費用はドメイン利用料、レンタルサーバー利用料およびSEO対策としてヤフーなどの検索エンジンに登録するための審査料です。

パソコン、MSオフィス、ブロードバンド接続が保有済みであれば、開業資金は下表のように¥75,500で、これに参考図書などの購入費用を加えても10万円あれば起業が可能になります。


必要な項目 主な商品 費用概算
HP作成ソフト ホームページビルダー ¥10,000
ドメイン取得費用 ムームードメイン、お名前.com ¥3,000
レンタルサーバー利用料(年間) さくらインターネット、ロリポップ ¥10,000
SEO費用 ヤフービジネスエクスプレス ¥52,500
合計 ¥75,500


③会社を辞めず、週末起業でもできる

前述のように、ナレッジ起業は準備から起業後7~8ヶ月までの活動はすべてインターネット上で行います。その期間は原則的に対面セールスや顧客訪問は原則行いません。その後もやり方次第でインターネット上の活動だけでビジネスを完結させることが可能になります。パソコンとネット接続環境があれば、いつでもどこでもビジネスが可能なので、会社を辞めずに週末起業で行うことも可能です。


④シニア起業に適している

前述にように、ナレッジ起業は社会人経験さえあればだれでも可能です。ただし、コンサルタントとしてその道の専門化として名乗るので経験は多ければ多いほど有利になります。従って、ナレッジ起業は社会人経験豊富なシニアの起業に最も適していると言えます。



 なぜ、ビジネスに持続性があるのか

ナレッジ起業には下表のように3つの切り口あり、それぞれ異なるビジネスモデルが考えられます。つまり、一つのナレッジから複数のビジネスモデルが創出できるわけです。

よって、もっとも取り組みやすいモデルで起業をスタートし、別モデルで段階的に事業を展開していくことが可能なため、ビジネスの持続性と成長性が確保できます。

切り口 ビジネスの概要
ナレッジを提供する ナレッジをPDFやDVDなど、モノにして提供する。例えば、セールスのナレッジを持っている人が、セールスマニュアルやセールスDVDを作成し、販売する。
ナレッジをコンサルティングやセミナーなど、サービスにして提供する。上記の例で言えば、セールスのコンサルティングやセミナーを行う。
ナレッジを実践する ナレッジを実践して、顧客の業務を代行する。上記の例で言えば、セールスの代行を行う。(セールスのアウトソーシング請負)
ナレッジを仲介する ナレッジを持っている人と、そのナレッジを必要としている人をマッチングさせる。上記の例で言えば、セールス専門の人材派遣や人材紹介を行う。



 ナレッジ起業を行うには

ナレッジ起業を行う方は、以下のページをご覧ください。

 ・起業支援プログラムのご案内
 ・誰でもコンサルタント-起業編

これらのページに掲載されているコンテンツとサービスを活用すれば、どなたでもナレッジ起業を実践することが可能です。ぜひ、ご利用ください。


Copyright (C) Knowledge Agent corp. All Rights Reserved.